株式会社ミナッティ

クリエイターインタビュー

aicaチャンネルインタビュー

コスメ関連のYouTubeを始めたきっかけは何ですか?

aicaチャンネルインタビュー
元々コスメレビューブログをやっていたんですよね。
その中でスウォッチを動画で見せられたらいいなぁと思って。
当時はまだインスタもそこまで盛んじゃなかったですし、
動画を気軽にUPできるツールがなかったので、
スウォッチをYouTubeにUPしてそれを記事内に埋め込んでいました。

いわゆるビューティー系のYouTubrの方はたくさんいらっしゃいますが、
他の人とここが違う!というポイントはありますか?

aicaチャンネルインタビュー
やっぱりデパコスに比重を置いているところでしょうか。
デパコスのブランド縛りや、
去年はアドベントカレンダーもかなりの数を開封しました。
Diorに至っては3年連続開封しています(笑)。
プロフィールにもありますが
「デパコス:プチプラ=8:2」を意識しています。

視聴者さんの年齢層はどんな感じですか?

幅広いですが、比重的には同世代~上の人が多いと思います。
そのあたりのデータも、提供案件を依頼してくるクライアント様に向けてインスタのハイライトで公開しています。

≫ インスタグラムを見る

最近は案件動画も増えているようですが、
こだわりとかなどはありますか?

aicaチャンネルインタビュー
企業さんによっては、
思いが強すぎて「ここをPRしてこの使用感にも触れて金額面アピールして・・・」
と詳しく指定してくる場合もあるのですが、
それだと企業さんのサイトを見るのと一緒だと思うんですよね。

案件を受けるにあたって、私が大切にしているのは
「aicaというフィルターを通してアピールすること」です。

当たり前に思うかもしれませんが、
企業さんが私にお金を払う意味と、
私が視聴者さんに紹介する意味ってこれに尽きると思うんですよ。

企業側が消費者に伝えたいポイントを全部踏まえたうえで、
aicaチャンネルの視聴者はどういう情報を欲しているのか
どういうポイントが刺さるのか
そこをふるいにかけて、最優先したいことaicaチャンネルらしい切り口で伝える。

これをしないと案件を受けるのはぶちゃけ誰でもいいって話になりますからね。
もちろん企業によっては予算の関係で私にしか依頼できないということもあるかもしれませんが(笑)、
やっぱりそのあたりの相性がしっくりこないと進めにくいですし、結果的に反応もイマイチになりやすいです。

なので、私のチャンネルの視聴者層はこうですよ、
インスタやツイッターのフォロワーもこういう層ですよという情報を全部公開しています。
ツイッターにもモーメントでまとめてトップに固定していますし、
インスタのトップにも貼っています。

ぜひ私にと思ってくれるクライアントであればこの辺は目を通したうえでオファーしてきてくれますので、
やっぱり熱量が違いますよね。
そうすると私もできる限りそれに答えようと思いますし。

視聴者層にマッチした案件の声がかかると嬉しいんですよ。
「これは視聴者さんの中でも誰誰さんあたりが多分好きだろう!」とか予想もできますし。
視聴者さんと商品をつなぐ架け橋になれると最高ですよね。

これから挑戦したいことはありますか?

aicaチャンネルインタビュー
ようやく念願のグッズ販売を始めたので、
これをもっと広げていきたいですね。
要望があってもなかなか作れないものや時間がかかるものもあるので、
妥協せず視聴者さんたちに喜んでもらえるものを作りたいなと思っています。

そして、常に新しいことに挑戦すること。

ほぼ毎日動画を上げているので、
観ている視聴者さんが飽きないことも大切です。

反応がいい動画があると、ついそれの焼き増し的な企画に頼りたくもなりますが
やはり「どんな反応がもらえるだろう?」とドキドキしながら挑戦し続けることが大切だと思います。

aicaチャンネル問い合わせはこちら

twitter Instagram Youtube

SERVICE

広告運用
WEBデザイン
動画制作
Youtube